メンズ

住み着かれると厄介な虫は駆除してもらおう|ダニ退治のプロがいる

蜂

自力でやるなら

ハチの退治を自分でやるなら、まずは道具が必要で、次回にも使えるように、良いものを揃えておきましょう。髪の毛や眼球を守っておき、虫除けスプレーは多めに用意して、隣家の人が刺されないように配慮しておくと良いです。

家に住み着く害虫

女性と作業員

家電による退治

小児・成人の喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症の原因になるのが、死骸などが浮遊してしまう特徴を持つダニです。駆除や退治するにも一般的にはイエダニが繁殖能力が高く、寄生する生き物としてネズミが存在します。駆除や退治するにはネズミへの対策が必須です。駆除した後、ダニ退治として浮遊した死骸も含めた処分、対策がアレルギーを緩和させるには重要です。例えば、通年利用できるのが機能性機器です。ペットや子供がいる家庭ではダニ退治に薬剤散布が難しいため、家電が賢く活用できます。例えば、掃除機や空気清浄機が応用でき、掃除機には布団用ブラシも付帯され、布団を叩いてダニを吸引します。もちろん、防ダニ綿使用の布団が好ましく、衛生面にも家族にも配慮しながら退治できます。

日干しのポイント

ダニは増殖してしまうため、駆除・退治した後の対策として繁殖させない環境作りも必要です。特にイエダニは畳を好むため、畳に掃除機をかけることは重要ですが、プラスして高温スチームによる除菌も行っておきます。掃除しながら、畳に付着している菌を除菌できます。繁殖に適する湿度を好む害虫ですが、高温であるスチームはサラッと仕上がる利点があります。近年では、浮遊するアレル物質として糞や死骸が問題視されており、ダニ退治した後々の抑制のために、水になって空気中に戻るなどの機能性に優れた空気清浄機が活用できます。ダニの餌となるものを取り除くことも必要ですが、ダニ退治するには日干しできる物は天日に干すことです。太陽光は黒い物に反応するため、布団やラグなどは黒のカバーで覆い、日があたりにくい裏側に逃げるダニも高熱によって死滅させます。しかし、ダニの種類によっては高熱に強いものもいます。どうしても、退治できないという場合は専門業者に依頼するのがよいでしょう。専門業者では、素早い対応でダニ退治を行なってくれるため、早い段階で安心できる生活を取り戻せます。ダニ退治にかかる費用も業者によって異なるため、事前に調べたり、見積もりをしてもらったりして依頼するところを選ぶとよいでしょう。

白蟻

家を長持ちさせるために

木造の家を長持ちさせる要の一つにシロアリ対策があります。早期に発見し、早期に対策を行うことで、費用が安く済み、被害も小さく済みます。また、的確にシロアリ対策を実施することも必要です。これらに留意して、大切な我が家を守りましょう。

アリ

迷惑なアリ退治

アリが屋外の行動だけにとどまらず、屋内まで入ってきて、不快に感じるなら駆除を考えましょう。利用が簡単なスプレーや設置タイプの製品や、業者に本格的に行なってもらうアリ駆除がありますので、被害の程度によって方法を選択できます。